美st 2,019年4月号雑誌掲載

女性雑誌「美st 19年4月号」特集『美stモデル松田樹里さんの授乳後卒乳のバストケア』にセインムー・ボーテロンド掲載

セインムー・ボーテロンドが女性誌「美st」2,019年4月号に掲載されました。


美stモデルの松田樹里さんの特集ページ(P79に掲載)

「ベージュシャドウの囲み目で卒乳したし重い腰上げなくっちゃ!」

のバストケアの化粧品として紹介いただいています。

「卒乳後のしぼんだ胸をケアして復活させたい」

産後・育児(卒乳後)の女性の悩みを解消するバストケアアイテムとして掲載いただいています。

全国の書店・コンビニで発売中です。

 

美stロゴ 

 

美st 2,019年4月号美st 2,019年4月号セインムー掲載 美st 2,019年4月号ボーテロンド掲載美st 2,019年4月号雑誌掲載


授乳・卒乳後のバストのサイズダウンをケアしたい!

女性にとって結婚、妊娠、授乳、そして卒乳をするとその後に極端に胸が小さくなる体の変化が起きます。

妊娠で一度胸が張りバストサイズアップします。授乳をすると中身の脂肪も同時に与え減っていきます。

ですが卒乳後、皮膚は伸びたままでバストサイズはもとに戻る、または妊娠前よりも小さなものになることがあります。

そうなると卒乳後、原理的にバストの形はは下垂します。

女性の皆さんは産後のバストサイズダウンが気になり、バストケアをとても関心を持っています。

 

セインムー・ボーテロンドは脂肪細胞の量を増やす”部分太り”を提案している、卒乳後のバストケアのための高濃度美容液です。濃度は国内最高濃度です。

バストは9割と言われるほど、ほとんどが脂肪でできています。

バストだけを太らせることができれば、綺麗な体も、卒乳後のコンプレックスのケアもできます。

豊胸ではなく、化粧品という安全なもので卒乳後のバストケアができれば女性はとても幸せになれます。

そういった本物志向の化粧品・バストケアの美容液です。

30代から美しい40代のための準備をする。というコンセプトの雑誌「美st」のモデル・松田樹里さんのレコメンド化粧品として紹介をいただきました。

“結果を出したい!”という願いには、本当に成分の濃い化粧品が大切だと言うことです。

 

美st 2,019年4月号目次

バストアップ&ヒップアップのボディメイク

美容医療のようなエイジングケアのための革命美容液

セインムー・ボーテロンド。

詳細はこちらのバストアップ&アンチエイジング美容液ボーテロンド特設サイトへ

セインムーボーテロンド seins mous beaute rondo

 


美st(ビスト) 2019年4月号 目次

美st 2,019年4月号

美st 2,019年4月号WEB

美st Online

40歳・45歳・50歳、年齢と時代の壁を越え血色“ピンク肌”へ
肌が綺麗なあの人はどのファンデ?

◇同世代メークさんの鉄板トリオは、
このファンデにこの下地とお粉!
◆肌が綺麗なあの人はこのファンデ!
◇40歳・45歳・50歳
新作ファンデはこの6本の中から選べばいい
◆韓国美直伝 あの水光肌は
「ツヤサンドイッチ」でできていた!

今、輝いている人は何に注目してどんな計画を立ててるの?
もう一度考えよう。春、40代はどんな髪とメークにすればいい?

シミ、シワ、たるみ、毛穴、くすみ……
何にでも効くと聞くと迷うから
3週間レポ
最新アンチエイジング美容液、
私に効くのはどれ?

\大好評 第二弾!/
創刊から10年、街の景色を変えた
元祖美魔女たちは次のステージへ
“姉”美ST
綺麗すぎ!新50代はアンチエイジングより
ニュートラルエイジング主義

花粉、PM2.5、春一番、紫外線……
+ホルモンの乱れで一年で一番揺らぐから
春先も不調知らずになる「美魔女のお薬箱」スキンケア

流行りの色でも、手がキレイに見えるネイルって?

美容にうるさい人は今、ボイトレアンチエイジングにハマり中

美st(ビスト)
2019年4月号
2019年2月16日発売
定価:840円(税込み)
表紙モデル:柴咲コウ


雑誌「美st」コンセプト詳細
ビューティー・メイク系雑誌。
35歳から、美しい40代は始まっている!
美STORYは、美しい40代に本当に必要なのは衣食住より美・食・習!をキャッチフレーズに、美魔女に代表される「美しい40代ブーム」を生み出す。
そして、3年目の新しい誌名、「美ST」に込められた意味は、
「美にベストを尽くす人の、美ST」
「美というステージで輝く人の、美ST
」「美というストーリィを生きる人の、美ST」。
ここからの第2ステージでは、積極的に30代の読者にアプローチ。女性ホルモンが顕著に減少し始めるのは35歳から。
若さに頼れなくなってからが、「女磨き」の本番。30代に積極的に働きかけることで、「より美しい40代を街に増やしていこう」がキーワード。

Share your thoughts